医療法人永世会 伊万里眼科

医療法人永世会 伊万里眼科

患者様にやさしい、開かれた眼科医療をご提供いたします。
手術・レーザー治療を柱とした、高度な眼科医療をご提供いたします。

IMARI EYE CENTER

眼瞼下垂症

眼瞼下垂とは

まぶたを挙げる筋肉がうまく働かず、まぶたが下がっている状態のことです。まぶたが開けにくい、まぶたが重い、額のしわが増えるなどの症状があります。
原因には、加齢・ハードコンタクトレンズの長期装用・重症筋無力症・動眼神経麻痺・パーキンソン病・脳動脈瘤・糖尿病などが挙げられます。

腱膜性眼瞼下垂症

主に加齢・ハードコンタクトレンズの長期装用が原因で、まぶたを持ち挙げる筋肉の力が上手く伝わらない状態です。変わりに眉毛を上げて目を開けようとするため、額にしわがより、疲れるなどの症状がでます。

眼瞼皮膚弛緩症

主に加齢が原因で、まぶたの皮膚がたるんで下がってくる状態です。
まぶたを挙げる筋肉は正常ですが、余分な皮膚がひさしのように垂れてきます。

眼瞼下垂とは

手術

炭酸ガスレーザー腱膜性眼瞼下垂症の場合は、ミューラー筋と呼ばれる筋肉を縫い縮めるミューラー筋短縮術を行います。
眼瞼皮膚弛緩症の場合は、余分な皮膚を切除し皮膚を縫合する手術を行います。
当院では炭酸ガスレーザーを用いて手術を行っており、止血と凝固をしながら組織を切開することができる為、出血が少なく短時間で手術を行うことが出来ます。また、手術後の瞼の腫れや痛みも軽減されます。
手術は、目の周辺の皮下への局所麻酔をして行い、時間は片眼で20分~30分程度です。

術後合併症について

  • 手術後の腫れや痛みが全くないわけではありません。
  • 過矯正、低矯正の場合は、再手術の可能性があります。
  • まぶたを閉じていても瞼裂が開いている(薄目を開けているような)状態になることがあり、程度の強い場合には、目が乾燥し角膜障害になることもあります。
  • 左右両方の手術を行う場合、整容的に左右全く同じように挙上する事は困難です。