医療法人永世会 伊万里眼科

医療法人永世会 伊万里眼科

患者様にやさしい、開かれた眼科医療をご提供いたします。
手術・レーザー治療を柱とした、高度な眼科医療をご提供いたします。

IMARI EYE CENTER

加齢黄斑変性症(AMD)治療

加齢黄斑変性症(AMD)とは

黄斑の役割

黄斑は、網膜の中でも最も重要なものを見る中心となる部分です。この部分に異常が発生すると視力に低下をきたします。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性症とは、黄斑の加齢などに伴う変化によって起こる疾患で、高齢者の失明原因のひとつです。脈絡膜から発生する新生血管の有無で「滲出型」「萎縮型」に分類されます。

滲出型

黄斑部の下から血管(新生血管という)が発生し、出血することにより 黄斑部、網膜が障害されるのが滲出型です。この型は進行が速く、急激に視力が低下していきます。また、日本人には萎縮型に比べて多く見られます。 別名「新生血管型」、「ウェットタイプ」とも呼ばれています。

萎縮型

網膜の細胞機能が年とともに低下し、老廃物が蓄積して栄養不足になります。その結果、徐々に網膜が萎縮していくので、症状の進行もおだやかで、気づかない人もいます。しかし、新生血管が発生し、「滲出型」へ移行することもあるので、定期的に眼科で検査を行い、経過を見る必要があります。別名「非滲出型」、「ドライタイプ」とも呼ばれています。

加齢黄斑変性 萎縮型

新生血管
本来血管のない場所にのびる新しい血管のことです。正常な血管ではないため、非常にもろくて破れやすく、出血をおこして急激な視力低下の原因となります。

症状

加齢黄斑変性の症状

滲出型加齢黄斑変性の治療法

正常の黄斑断面図
正常の黄斑断面図

滲出型加齢黄斑変性
滲出型加齢黄斑変性

①光線力学的療法(PDT:Photodynamic Therapy)

光に反応する薬剤、ビスダインを体内に注射した後に、病変部位にレーザーを照射する治療法です。正常な網膜へのダメージを抑えながら、新生血管を退縮させます。
継続的に行う治療法で、検査の結果より、必要に応じて再度、光線力学的療法を実施します。
治療後48時間は体内から薬剤が完全に排出されないため、日光などの強い光を浴びないように注意する必要があります。

光線力学的療法(PDT:Photodynamic Therapy)

光線力学的療法(PDT:Photodynamic Therapy)

②抗血管新生薬療法(硝子体内注射)

体の中には、新生血管の成長を活性化させるVEGFという物質があります。抗血管新生薬療法とは、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射し、新生血管の成長を阻害する治療法です。
当院では、ルセンティス硝子体内注射液と、アイリーア硝子体内注射液の2種類を使用しております。

抗血管新生薬療法(硝子体内注射)

当院では加齢黄斑変性症(AMD)治療のために、現在①②の治療を積極的に行っております。
ビズラスPDTシステム690Sという最新のレーザー治療装置を導入しているのは、佐賀県内では3施設です。
→眼科PDT研究会HP